永久脱毛は永久じゃない!?医療脱毛クリニックの効果はどのくらい続くのか?

医療脱毛クリニックの効果
ムダ毛の処理は女性に欠かせないたしなみです。より美しい肌を目指して医療脱毛クリニックを利用する人は増えていますが、気になるのが施術効果の持続期間です。

少し前までは永久脱毛という言葉を目にする機会が多かったのですが、最近は永久脱毛ではなく美容脱毛や医療脱毛といった表記を採用する医療脱毛クリニックが増えています。

医療脱毛の効果は永久に続くものなのでしょうか。

永久脱毛の効果は永久に続かない

悲しいお知らせになりますが、永久脱毛の効果は永久に続くものではありません。

医療脱毛クリニックで使用されている医療用レーザーやフラッシュ装置は高い脱毛効果が期待できますがその効果は永続的なものではなく、永久脱毛と言って施された脱毛施術も時間が経てば処理したムダ毛は復活してしまいます。

永久脱毛の定義

永久脱毛という言葉には定義が存在します。永久脱毛は「最後に行われた脱毛施術から1カ月経過後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」と定義されています。

この定義は米国電気脱毛協会によって定められたもので、日本の脱毛業界でもこの定義が採用されています。

永久脱毛という名前からは永久にムダ毛がなくきれいな肌が維持できるという印象を受けますが、実際には1カ月後に2割を下回る程度のムダ毛が復活してしまうこともありえます。

2割というのは感覚的にはかなりムダ毛が残ってしまっているというレベルで、永久脱毛という言葉のイメージとは大きくかけ離れています。

永久という言葉の印象が強いことから少しでもムダ毛が復活してしまうと利用者からクレームが入るケースが増えてしまい、現在では多くの医療脱毛クリニックが永久脱毛という表記を取りやめ美容脱毛や医療脱毛と言った名称を採用しています。

医療脱毛はどのくらい効果が続くのか

医療脱毛クリニックで受けた脱毛施術はどのくらい効果が続くのでしょうか。

脱毛効果の持続力には個人差がありますが長い人で2~3年、短い人で3カ月程度効果が持続します。3カ月と聞くとかなり短く感じられますが、これは永久脱毛の定義とされる毛の再生率が20%を基準にしているからです。

20%を上回るムダ毛が復活しても残りの80%前後のムダ毛に関してはキレイに処理された状態が継続されるので、効果が切れたと入ってもいきなりムダ毛が元通りの状態になるわけではありません。

完全な状態を維持するのは難しくてもある程度綺麗になった状態は継続するのでお手入れの負担は大幅に軽減されます。

施術レベルや皮膚の状態によっても異なりますが、おおよそ1年程度は高い脱毛効果が持続します。

医療脱毛で処理できるのは成長期のムダ毛のみ

ムダ毛には成長期、退行期、休止期と生え変わるサイクルがあり医療脱毛施術で処理できるのは成長期のムダ毛に限られます。

施術時に退行期や休止期だったムダ毛に関しては施術の対象にはならず、施術後に成長期を迎えたムダ毛が前と同じように生えてしまうのは避けられません。

数回施術を繰り返すことでサイクルのズレによって処理しきれなかったムダ毛も残さず脱毛できるようになります。施術回数を重ねるごとに復活するムダ毛はどんどん少なくなり、施術効果も長持ちするようになります。

高い脱毛効果が期待できる医療脱毛ですが、効果は永続的なものではありません。一度施術すればムダ毛は薄くなり処理の負担は大幅に軽減されますが、つるつる肌をキープしたいなら定期的に施術を受ける必要があります。

持続力が気になる方は医療脱毛クリニックのカウンセリング時にスタッフに相談してください。